慰謝料の変化

では、実際に慰謝料が発生することになる金額というのは、どのようにして決定されることになるのでしょうか。慰謝料の金額というのはあくまでも当事者間で決定されるものではありますが、場合によっては民事裁判となって確定されるケースもあります。この場合についてはある程度判例を参考にすることができるでしょう。多くの場合で、婚姻関係が維持される不倫なのであれば、50万円から100万円前後、逆に離婚する結果に結びついた場合には200万円から300万円前後が示されていることが多くなっています

金額ただ、これらはあくまでも一般的なケースです。これに加えて、不倫にまつわる様々な状況によって金額が変わることになります。例えば、婚姻の期間がその一つです。婚姻期間がながければ長いほど、慰謝料は高額に設定されてしまうことが多くなります。また、不倫が発生する前の婚姻関係が円満であった場合についても、家庭崩壊による精神的苦痛が大きいと判断されることが多く、金額が高く設定されるケースが多いでしょう。

この他にも、浮気の主導者がどちらであるのかや、不貞行為の解消の約束を反故にしている場合などについてはより高い慰謝料の金額が設定されることになります。

◇関連情報◇
浮気・不倫の慰謝料問題なら弁護士法人アディーレ法律事務所

慰謝料の発生

慰謝料それでは、不倫によって発生する慰謝料というのはどのようなケースにおいて発生するものなのでしょうか。ニュースなどでは芸能人による不倫などが取り上げられることも多く、その場合には男性側が女性側に対して慰謝料を支払っている内容であることが多いでしょう。しかし、不倫による慰謝料の請求というのは、何も女性から男性に対してだけ行われるものというわけではありません。慰謝料はあくまでも、精神的苦痛を受けた人から、与えた人に対して行われるものであり、これに男女は関係がないためです。

そのため、例えば不貞行為を行ったのが女性であった場合、男性から慰謝料の請求が行われることは十分に考えられます。また、慰謝料の請求は自分の配偶者に対してだけ行われるものではなく、不倫相手に対しても行われる可能性があるものです。不倫相手が相手のことを既婚者であると知りながら不貞行為に及んでいたのであれば、同じく加害者であると判断されるためです。

また、慰謝料の金額はその不貞行為によって発生した結果によっても金額が左右されることになります。そのまま婚姻関係が継続されるのか、別居となるのか、離婚となるのかによって金額が変わり、より大きくなります。

不倫の慰謝料は?

法律上、婚姻状態に無い恋人同士の場合において、浮気を制限するような規定は存在していません。しかし、婚姻状態にある場合については、お互いが不貞行為をしない、ということを条件としているとみなされることになるため、もし不貞行為を働いた場合については大きな問題となる可能性があります。離婚事由の一つとしても不貞行為は正式に認められるものであり、相手に対して大きな精神的苦痛を与えるものであると認識されることになるためです

不倫一般に不倫と呼ばれる婚姻状態での不貞行為を働いた場合、あるいは自分が既婚者でなくとも、相手が既婚者であることを知りながら不貞行為を働いた場合については、慰謝料の請求を受ける可能性があります。それでは、そもそもこの慰謝料というのはどのようなものなのでしょうか。

慰謝料というのは、心に対する傷への損害賠償、というように考えるとわかりやすいでしょう。大きな心の傷を負った場合については、その損害を賠償するための方法の一つとして慰謝料の請求が行われることになります。婚姻を行っていた場合であったとしても、不倫というのは不法行為というわけではありません。刑法によって罰せられる行為ではないため、例えば懲役や罰金のような罰を司法から言い渡されることはありません。しかし、民事においては裁判を起こす事ができ、それによって慰謝料が発生する可能性がある、というのがこの仕組となっています。金額などはケースバイケースです。