慰謝料の発生

慰謝料それでは、不倫によって発生する慰謝料というのはどのようなケースにおいて発生するものなのでしょうか。ニュースなどでは芸能人による不倫などが取り上げられることも多く、その場合には男性側が女性側に対して慰謝料を支払っている内容であることが多いでしょう。しかし、不倫による慰謝料の請求というのは、何も女性から男性に対してだけ行われるものというわけではありません。慰謝料はあくまでも、精神的苦痛を受けた人から、与えた人に対して行われるものであり、これに男女は関係がないためです。

そのため、例えば不貞行為を行ったのが女性であった場合、男性から慰謝料の請求が行われることは十分に考えられます。また、慰謝料の請求は自分の配偶者に対してだけ行われるものではなく、不倫相手に対しても行われる可能性があるものです。不倫相手が相手のことを既婚者であると知りながら不貞行為に及んでいたのであれば、同じく加害者であると判断されるためです。

また、慰謝料の金額はその不貞行為によって発生した結果によっても金額が左右されることになります。そのまま婚姻関係が継続されるのか、別居となるのか、離婚となるのかによって金額が変わり、より大きくなります。