不倫の慰謝料は?

法律上、婚姻状態に無い恋人同士の場合において、浮気を制限するような規定は存在していません。しかし、婚姻状態にある場合については、お互いが不貞行為をしない、ということを条件としているとみなされることになるため、もし不貞行為を働いた場合については大きな問題となる可能性があります。離婚事由の一つとしても不貞行為は正式に認められるものであり、相手に対して大きな精神的苦痛を与えるものであると認識されることになるためです

不倫一般に不倫と呼ばれる婚姻状態での不貞行為を働いた場合、あるいは自分が既婚者でなくとも、相手が既婚者であることを知りながら不貞行為を働いた場合については、慰謝料の請求を受ける可能性があります。それでは、そもそもこの慰謝料というのはどのようなものなのでしょうか。

慰謝料というのは、心に対する傷への損害賠償、というように考えるとわかりやすいでしょう。大きな心の傷を負った場合については、その損害を賠償するための方法の一つとして慰謝料の請求が行われることになります。婚姻を行っていた場合であったとしても、不倫というのは不法行為というわけではありません。刑法によって罰せられる行為ではないため、例えば懲役や罰金のような罰を司法から言い渡されることはありません。しかし、民事においては裁判を起こす事ができ、それによって慰謝料が発生する可能性がある、というのがこの仕組となっています。金額などはケースバイケースです。